パートナーがカンジダ菌に感染している場合はカンジダ膣炎に注意!

 

カンジダ膣炎の原因菌はもともと女性の身体に住み着いている菌です。疲れやストレスで免疫が低下してしまったことが原因で増殖してしまうため症状が出てしまうのですが、女性のカンジダ膣炎の原因の全てが免疫の低下によるものではありません。パートナーがカンジダ菌に感染していることが原因で、性交渉を行うことで女性に感染してしまう場合もあります。カンジダ膣炎に限らず、女性がどれだけ治療を行ってもパートナーが自分自身の症状をそのまま放置しておけば、いずれ性行為をすることでまた女性が感染してしまいます。これをピンポン感染と言い、ピンポンのようにお互いに症状を移しあうことが続いてしまうため完治することがありません。「恥ずかしいから」と黙っていないで、どちらかに症状が出たら迷わずパートナーと一緒に治療を行うようにしましょう。症状が軽度のうちならば、薬を服用することで治すことができる病気です。また、発症していたり治療中の場合には、性交渉を行うのはやめておいた方が良いでしょう。「症状が表れていないからいいか」と性交渉を行ってしまうことで悪化してしまったり、再発してしまう危険性を避け、まずはお互いが治療に専念することが重要です。

 

 

カンジタ性皮膚炎とは

 

カンジダには女性の膣に強烈なかゆみや、白く特徴的なおりものが出てきたりする膣炎と、皮膚炎とに大別されます。男性も性交渉で感染した場合はカンジダの症状が男性気に出てくるときがありますが、基本的には患者さんの多くは女性であると言われています。
膣炎はよく知られていますが、皮膚炎とはいったいどのような病気なのでしょうか。この病気は主に赤ちゃんや小さな子供に表れる病気です。子育てを経験したことのある女性なら、赤ちゃんがオムツで肌荒れしたり炎症が出来てかゆがっている経験を持っている人が多くいますが、これがカンジダ皮膚炎である可能性があります。似たような症状を表すオムツかぶれと紛らわしいのですが、オムツかぶれの場合はオムツを着用しているエリアにしか炎症が広がりませんが、カンジダの場合はオムツとは無関係の範囲にまで幹部が拡大していき、首まで到達するケースも珍しくありません。赤ちゃんもかゆみが広がれば広がるほど辛いでしょうから、日頃から菌が繁殖しやすい環境にならないように清潔で通気性がいいように気を配ってあげましょう。もし発症してしまったら、すぐに病院に連れて行って治療を行い、これ以上の悪化を防ぎましょう。

 

 

指の間のカンジダは女性特有?

 

手の指の間の皮膚がやけにふやけたようになってただれてきていたので病院に行ってきたところ、カンジダですね、と言われてしまいました。
簡単に言うと、皮膚カンジダのひとつだそうです。
で、カンジダの女性の中でも特に多いのがこの指の間にできるものなんだそうです。
水仕事の多い女性や飲食店で働いている方なんかには特に多いということですよ。
確かに私も一応主婦ですからね。
水仕事はそれなりに多いです。
でも、まさかそれが原因でカンジダになるとは思ってもいませんでしたね。
まぁ普通はそんなこと、想定したりはしないと思いますけども。
カンジダの女性、というとどうしても性器ばかりに注目しがちですが、けしてそんなことはなく、水仕事の多い女性特有のものもあるんだということを今後は覚えておきたいですね。
ものすごくかゆいですし見た目も悪いですしイメージも悪いですので、正直二度となりたくないですから。

パートナーがカンジダ菌に感染している場合はカンジダ膣炎に注意!記事一覧

カンジダ完治までにかかる費用カンジダ症は日和見感染によって発症することがある感染症で、感染する条件が揃っていれば身体のどの部位でも発症します。この感染症において、特に発症例が多く、症状が重くなりやすいのが性器カンジダ症ですが、これを完治させるためにかかる費用はどれくらいになるのでしょうか。性器カンジダ症は保険診療の適用を受けられるため、患者は治療費のうちの3割を負担することになります。婦人科のある...

毎月カンジダになってしまう人のための基礎知識カンジダという病気は、主に女性の腟の内部に住み着いている真菌が、ストレスなどの何らかの要因によって異常に増殖してしまうことにより発症します。その症状としては、白く濁ったおりものや分泌物のカスが増えたり、外陰部にかゆみや腫れをともなったりというのが一般的です。この病気の治療にあたっては、腟の内部に挿入する座薬タイプの抗真菌薬や、同じく塗り薬タイプの抗真菌薬...

カンジダ治療は保険が使えるのか?カンジダは命にかかわる病気ではありませんが、膣や外陰部に生じる強烈なかゆみはかなりのストレスになります。普段は身体に備わっている自浄作用や免疫力で症状は出ませんし、菌はおとなしくなっていますが、疲れている時など抵抗力が落ちた途端に症状が表れてしまいます。患者さんによっては特に気にならないという人も少なくはありませんし、そのような場合は身体が元気になれば自然に症状もお...