カンジダ性亀頭包皮炎を薬用石鹸で治すコツ

 

カンジダ性亀頭包皮炎は性器にカンジダ菌が付着する事によって発症します。発症すると性器にかゆみや痛みが出るほか、白い垢のようなカスが性器に付着し、乾燥してくると皮のようなものがポロポロとはがれ落ちるようになります。カンジダ菌はカビの一種なので湿気のある環境を好みます。そのため、発症した場合は患部を清潔に保ち常に通気性を良くしておくことが大切となります。カンジダ性亀頭包皮炎の治療には抗真菌剤が配合された軟膏を塗ることで改善する事ができますが、なかなか症状が治まらない場合は薬用の石鹸を使うことで改善する可能性があります。この時気を付けなければいけないのが普通の石鹸は使用してはいけません。普通の石鹸では肝心のカンジダ菌は殺菌する事はできません。カンジダ菌の勢力を抑えている他の雑菌や細菌などの常在菌を洗い流してしまうため逆効果となります。そのため、カンジダ菌専用のものを使用して洗う事が必要となります。患部をしっかりと洗った後は出来るだけ患部を乾燥させます。そして治療薬である軟膏を塗布する事によって効果が得られます。治療していくうちに症状が治まりますが、治まったからと言って中途で止めてしまうと再発してしまうことがあるので最後まで完治するまで続ける事が大切です。

 

 

赤ちゃんの「亀頭包皮炎(きとうほうひえん)」を予防するには?

 

亀頭包皮炎とは、陰茎の先端にある亀頭や、亀頭を包んでいる包皮が炎症を起こす事で生じる病気です。症状としては赤く腫れて痛みや痒み起こし、時には患部から膿が出ることもあります。赤ちゃんの場合は自ら症状を訴える事ができないため、亀頭が赤くなっていたり、排尿時に痛みを感じて泣き出したり不機嫌になったりするようなら、早めに病院で診察を受けましょう。
亀頭包皮炎は包茎に伴って発生する事が多く、包皮がむける前の赤ちゃんや子供に現れやすいのが特徴です。炎症を起こす原因である細菌は、包皮の内側に垢やカスが溜まったままになり、それが尿で汚染されて増殖し炎症を引き起こします。予防としては男性器を清潔に保つ事が重要で、入浴時に包皮を軽く押し下げぬるま湯で中の垢を洗い流しましょう。さらに、汚れた手で男性器に触れて細菌が付かないように注意します。
亀頭包皮炎にかかった場合は、菌の増殖を抑える抗生物質が配合された軟膏を患部に塗り、同時に抗菌薬の飲み薬での治療が一般的です。炎症が治まっても細菌が生き残っている場合があり、薬を飲むのを止めてしまうと再び細菌が増殖して再発する可能性があるので、飲み薬は指示された期間きちんと服用して下さい。

 

 

亀頭包皮炎で泌尿器科受診

 

亀頭包皮炎は性器の先端である亀頭部分と包皮部分が炎症を起こす病気です。原因は何らかの原因によって細菌やカビの一種であるカンジダ菌が増殖することによって発症します。原因としては性行為や極端に不潔にしている場合、性器の洗い過ぎ、免疫力の低下、抗生物質やステロイドの使用等があげられます。亀頭包皮炎の症状はかゆみや痛み、性器に赤みが帯びる、白い垢のようなカスが付着する等が現われますが、このような症状が現われた場合は泌尿器科へ受診する必要があります。泌尿器科の他に性病科でも診察をしてくれます。検査のみならば地域の保健所で調べてもらえ、病気に感染していると判明した場合泌尿器科や性病科を紹介してくれます。亀頭包皮炎は細菌性のものとカンジダ性のものでは治療に使う薬が事ないます。そのため、自分の判断で薬を使用すると症状が悪化する事もあるので必ず泌尿器科などの専門の医療機関に受診し検査を受け医師の指示に従う事が必要となります。また、薬を使い治療をするとすぐに症状は治まりますが治療をやめてしまうとすぐに再発する事もあるので病院で許可が出るまで治療を続ける事が重要です。泌尿器科など病院に行きづらいと思うかもしれませんが、最近では受診しやすい環境作りをしている病院が増えてきているので、気になる症状がある場合は病院へ行きましょう。

カンジダ性亀頭包皮炎を薬用石鹸で治すコツ記事一覧

カンジダ性亀頭包皮炎菌に悩まされないためにカンジダ症は女性に多い病気ですが、男性も発症する可能性があります。男性がカンジダ菌に感染するとカンジダ性亀頭包皮炎を発症します。カンジダ性亀頭包皮炎を発症すると性器にかゆみや痛みが発症し、白い垢のようなカスが性器に付着するようになります。さらに、乾燥すると皮膚のようなものがポロポロとはがれ落ちるようになり、皮膚が裂けやすくなります。カンジダ菌に悩まされない...

カンジダ性亀頭包皮炎とヘルペスの症状は似てる?カンジダ性亀頭包皮炎の主な症状は、かゆみや白いカスが出たり、ペニスが赤くなる、軽い痛みなどが出る場合があります。ヘルペスの場合には、亀頭や陰茎部が患部になり、表面がヒリヒリする痛みやかゆみ、また、赤い水ぶくれなどができる場合があります。亀頭包皮炎とヘルペスでは、同じような症状もありますが、亀頭包皮炎では、白いカス、ヘルペスでは水ぶくれなどの特徴があるた...

男性はカンジダ性亀頭包皮炎になるので注意!亀頭包皮炎という名称を聞いたことが無くても亀頭の部分に白い垢の様なものが付いている事を経験したことのある人は少なくありません。一般に亀頭は垢が出る部分ではありませんので、この様な状況になる時は亀頭包皮炎を疑う必要があると言えます。男性であれば誰もがこの症状になってしまうリスクを抱えていると考えられており、もしも自分が亀頭包皮炎を疑うに足りる症状を感じた場合...

亀頭包皮炎の痛みとかゆみ亀頭包皮炎という病気をご存知でしょうか。亀頭包皮炎は健康な男性であっても発症する可能性があり、また発症していても気づく事が難しい病気です。初期の段階では男性器が少し赤くなる程度の症状で目立った自覚症状はほとんどありません。しかし亀頭包皮炎の症状が進行して悪化してしまうと痛みやかゆみなどを感じるようになり、包皮や亀頭が炎症を起こしてしまいます。また治療もせずにそのまま放置して...

亀頭包皮炎とカンジダの関係性器に異変を感じると、場所が場所だけに気になって仕方がなくなるものです。これまで感じたことがないほどのかゆみを感じたり、きつい臭いがあったり、変色がみられるなどすると、このままにしていて大丈夫なのかと不安を感じてしまうでしょうね。女性の膣などに存在する常在菌として知られるものにカンジタ菌がありますが、実は男性にも影響することがあり、それが原因で亀頭包皮炎にかかることがあり...

亀頭包皮炎の再発を防ぐために必要なこと亀頭包皮炎は男性のペニスに亀頭炎と包皮炎が同時に発生している状態ですが、どちらか片方だけ発症しているケースでも、この病名が使われることがあります。この病気が厄介なのが、再発をしやすいところです。治療を行うには軟膏を塗布するのが基本ですが、再発を防ぐために、軟膏の塗り方に注意する必要があります。病院で処方される軟膏はとても効き目がよいため、数日塗っただけで改善す...