婦人科系カンジタ症の特徴

 

婦人科系カンジダ症は、膣の中にいるカンジダ菌が正常範囲内を超えて増えてしまうことで感染する疾患です。疲労やストレス、抵抗力が弱くなる、ホルモンバランスが乱れるといったことが原因で、普段はおとなしくしているカンジダ菌が増えてしまいます。そのため、膣内や外陰部にかゆみや発疹、痛みなどの症状が出ます。女性の約20%が経験したことのあるポピュラーな病気です。
婦人科系カンジダ症かもしれないと気付くきっかけは、多くの場合、外陰部のかゆみとポロポロとしたおりものです。かゆみは、症状がひどくなると激しいかゆみが出ます。ただのかゆさではなく、チクチクしたかゆみや、体の深部とも言える膣内から込み上げてくるようなかゆみだと感じる人もいます。かゆさを解消したくて掻いてしまうと、発疹を刺激してしまい、痛みが走ります。そのため、痛がゆいという状態になることもあります。
おりものは、カッテージチーズや酒粕に例えられます。白色またはクリーム色のおりものになります。婦人科の医師が見ると、検査をしなくてもほぼ分かってしまうほど特徴的なおりものです。
症状が思い当たる場合は、放置せずに専門医の診察を受ける必要があります。軽いうちに治療を始めると、比較的すぐに治ります。