カンジダの市販薬で治療は可能ですか?

 

カンジダの治療法というのはいくつもあります。
カンジダ膣炎をより効果的に治療するのであれば、病院で治療を行うというのが推奨されていますが、市販薬を使用することによって完全にカンジダ膣炎を改善するということは難しいでしょう。

 

市販薬でもカンジダ膣炎専用の薬剤は販売されていますが、これはカンジダ膣炎を治療するためではなく、カンジダ膣炎による痒みを抑えることを目的としています。

 

つまり、カンジダ膣炎を完治させることはできませんので、カンジダ膣炎を治療するのであれば、まずは病院に行くようにしましょう。
また、カンジダ膣炎は一度発症すると治療を行うことなく自然に治癒するということもあります。
しかし、やはりより確実に症状を改善するには病院で薬剤を処方してもらうというのがおすすめです。

 

病院での薬剤を使用して、それでもまだ痒みが続く場合や、病院に行くほどではなくても軽い痒み等を感じるのであれば、その場合には市販薬を使用するというのも良いと思いますよ。

 

カンジダ膣炎というのは最初にどれだけ症状を緩和することができるのか、ということが非常に重要になりますので、よく覚えておくようにしましょうね。
市販薬で症状を緩和させているだけでは完治とはいえません。

 

 

カンジダ症の経緯とその後の行動に対するポイント

 

女性にとっても大きな悩みとなるカンジダ症は、性行為でどんどん感染を拡大するという特徴を持っています。しかし、男性器は包茎の人以外は亀頭が露出しているため、乾燥が簡単です。女性のように内部に隠れているわけではないので、湿気が増えることは少ないのです。

 

こうした違いがあるからこそ、性器カンジダ症は男女差が生じるのではないでしょうか。女性は生理などの周期があり、体調が変動する機会が多いのも特徴です。男性よりも生活に気を使う傾向がありますが、それでも防ぎきれないことがあるのです。

 

カンジダ症を発症してしまったのであれば、放置せずにすぐに措置を取るべきです。放置していてもどんどん状態を悪くします。医療機関に受診することによって、適切な措置が行われるので、痛みや痒みを解消させることも可能になるのです。

 

抗生物質を利用することによって、カンジダ症の原因に繋がっていることもあります。風邪が直接的な原因ではないにしても、薬を服用することで体のバランスが崩れ、カンジダ症となることもあるのです。

 

このように、さまざまな経緯でカンジダ症になる可能性があるので、症状に合わせた行動を心掛けることが、重要なポイントになります。

 

 

 

 

膣カンジタ症と不妊の関係

 

膣カンジダ症と不妊には直接関係はないとされています。膣カンジダ症は、性行為によってうつるイメージがありますが、カンジダ真菌と呼ばれるカビが異常に増加することによって発症します。この菌は空気中に存在するため、誰かから感染するのではなく、体力や免疫力の低下、ストレス、食事、妊娠、生理後などが主な原因です。特に妊娠中は、体力や抵抗力が低下し、膣内がアルカリ性に傾きやすく、おりものが増えたり蒸れやすい状況が重なるため、増殖しやすいです。
ただし、妊娠するには、精子が膣から子宮へと進むことになります。その通路である膣や子宮頚管に炎症があれば、精子にとってよい環境とは言えないため、早めに治療を受けることです。基本的に治療に使われる膣錠の成分により精子が影響を受けたり、妊娠しにくくなるようなことはないとされていますが、膣錠をいれてすぐにタイミングをとった場合には、精子と一緒に薬が流れ出てしまう可能性があるため、発症している間は性行為を控えたほうが無難とされています。一周期でもタイミングを逃したくない場合には、医師に妊娠を望んでいることを伝えることで、タイミング中は、毎日自分で挿入するタイプの膣錠を使い、それ以外の期間は一週間持続するタイプの膣錠を使うなどの工夫を行うことです。

 

カンジダの市販薬で治療は可能ですか?記事一覧

カンジダ症の新たな診断・治療方法についてカンジダ症の診断を受けたくても、医療機関を受診するのは抵抗があるという場合も少なくありません。最近はインターネットからカンジダ症の有無を検査することができるシステムも開発されているので、誰にも知られることなく診断を下してもらうことができるのです。治療薬の購入は、市販のものでも個人輸入経由でも手に入れることは可能なので、診断さえ間違っていなければ、適切な治療が...

婦人科系カンジタ症の特徴婦人科系カンジダ症は、膣の中にいるカンジダ菌が正常範囲内を超えて増えてしまうことで感染する疾患です。疲労やストレス、抵抗力が弱くなる、ホルモンバランスが乱れるといったことが原因で、普段はおとなしくしているカンジダ菌が増えてしまいます。そのため、膣内や外陰部にかゆみや発疹、痛みなどの症状が出ます。女性の約20%が経験したことのあるポピュラーな病気です。婦人科系カンジダ症かもし...